ハワイ旅行を楽しむグルメ

ハワイ旅行を楽しむグルメ

今年のバレンタインデーはJALパックのハワイ旅行を計画しています。そのためにバレンタインアルバイトを思いっきり頑張ることにしています。短期のバレンタインアルバイト夜間のアルバイトなど、時給が高くて稼げる夏休みアルバイトの募集を探してゴールデンウィークアルバイトをします。せっかくのJALパックハワイ旅行で、節約節約では楽しめないですからね。ショッピングも楽しみですけど、海外旅行の楽しみはやっぱりグルメ。特にお酒が好きなので、美味しいものをたくさん食べて、いっぱいお酒を飲もうと思っています。

 

オアフにはとっておきのおいしいお店がいっぱいです。限られた日数の間でハワイのグルメを満喫するためには、ポイントがあるようです。

 

朝・昼・夜で予算を変える

 

せっかくのハワイですから贅沢をしたいのはヤマヤマですが、予算は限られている物です。そこであらかじめ朝・昼・夜で予算を変えて食事をするのが合理的です。安い店にも美味しいものはありますからね。

 

朝は$10以内・・・朝食はなるべく軽くすませて、昼と夜に比重を置きたいです。ホテルに朝食が付いているならもちろんそれを利用します。外食なら、ファーストフードのモーニングメニューをチェック。$7前後で、ドリンクとパン類がセットになったものがいろいろとあります。

 

昼は$20以内・・・ハワイのランチと言えば、カジュアルなB級グルメで決まりです。ボリューム満点のハンバーガーやプレートランチなど、地元人が愛するロコグルメは、味も満腹度も太鼓判です。サンドイッチや手軽なピザなども安くて大満足できます。

 

夜は$20以上・・・ディナーは一番のお楽しみであると同時に、一番お金もかかるもの。予め食べつくして計画を立てておきたいですね。初日は魚介、翌日はステーキ、さらに翌日は胃を休めるために日本食とバランスよく食べて、最後の夜はとておきのダイニングに出かけます。

 

料理ジャンルを覚える

 

東京、ニューヨークと並び称されるほど、オアフは世界中のハイレベルな料理が楽しめる場所です。料理ジャンルをしっかり把握して、食べ残しがないようにしたいですね。

 

パシフィック・キュイジーヌ・・・国際都市、ハワイのさまざまな人種のクロスカルチャーから生まれた新しい料理です。地元の素材を大切にして、自由な発想で作りだされます。何人ものスターシェフが存在しています。

 

ハワイアン・リージョナル・・・ハワイの伝統的な料理です。豚肉やタロイモ、地元野菜などでつくるメニューが多いです。代表的メニューはタロイモの若葉で肉と野菜を包んで蒸し焼きにしたラウラウです。

 

エスニック料理・・・昔から移民を受け入れてきたハワイには、ベトナムや体など各国のエスニック料理店が数多く存在します。ピリッと刺激的な味が欲しくなった時に利用したいですね。

 

和食・・・世界的なブームの日本食は、オアフでもロコたちに大人気です。日本でもおなじみのチェーン店からロコが経営する鍋料理店門店、寿司店まで何でもそろいます。

 

ファーストフード・・・マグドナルドなどはもちろんのこと、アメリカならではのチェーン店も多いです。日本にはないハワイオリジナルのメニューを試してみたいですね。

 

好みの席をおさえる

 

せっかくイイ店に行くのだから、席にもこだわりたいですね。景色などを事前にチェックして、ベストポイントを指定したいです。海や夜景を眺めながら、思い出深い食事をしたいですね。オープンエア、窓際の席、角の席、テラス席、予約があります。

 

ドレスコードに注意

 

ホテル内など、肺暮らすなレストランにはドレスコードがある場合が多いです。まず短パン、サンダルはNGです。女性はwんピースなどを、男性はジャケットを着用したいですね。

ハワイの魚

四方を海に囲まれたハワイは魚がおいしく、生で食べることも多いです。ハワイ語での魚の名前を覚えておけば、出理やローカルのレストランに行った時に便利です。

 

マヒマヒ・・・英名ドルフィンフィッシュ。淡白で弾力がある白身魚で、刺身で食べてもおいしいです。ハワイではフライが多いが、シンプルなステーキも地元ではごちそうの一つです。

 

アヒ・・・キハダマグロのことです。英名イエローフィンツナ。脂肪分が少なく、あっさりとしていて、寿司で食べても美味です。人気は醤油とゴマ油で味付けしたアヒ・ポキです。

 

オパカパカ・・・英名ピンク・スナッパー。釣り上げた直後はピンク色となるといいます。ハワイでは高級魚として知られ、寿司やフランス料理の素材として人気です。身が柔らかく、上品な味わいです。

 

オノ・・・英名ジェパニーズ・スパニッシュ・マッケレルでサワラのことです。ハワイでは特に人気がある高級魚です。ハワイではステーキがポピュラーですが、クリームソースにも合います。

満腹ビーフ

ハワイはアメリカの州の一つですが、アメリカといえばやっぱり牛肉です。一度は豪快なステーキを味わっておきたいですね。部位によって特徴もさまざまなので、自分の好みで注文をしたいですね。

 

肩ロース・・・背最長筋と呼ばれる、サーロインに続く筋肉部分です。霜振りが入りやすく、比較的脂肪も多いです。筋っぽさもあるが、風味が良くて美味です。

 

リブロース・・・ロースの中でも最上質の部位です。適度に脂肪があっておいしいです。厚切りよりも薄切りが適していて、ローストビーフなどに良く使われます。

 

サーロイン・・・肉のキメが細かく、柔らかいのが特徴です。ヒレなどと並んで、牛肉の最高部位のひとつです。にくじるたっぷりビーフステーキで豪快に味わいたいです。

 

タン・・・牛の下の部分。スライスして焼くと、独特の弾力感と風味が楽しめます。フレンチやイタリアンでは、煮込み料理にも良く使われます。

 

テンダーロイン・・・1頭分の牛肉のうち、ヒレが占める割合は重量の約2%前後と極小です。脂肪が少なくて、柔らかくてヘルシーです。女性のオススメの部位です。

 

テール・・・牛の尾で、他の部位と比べると比較的脂肪が多いです。タンパク質コラーゲンがたっぷりで、ハワイではオックステールスープでお馴染みです。

 

焼き加減としては、表面はyけているが中は生の状態で肉汁がおおいレア、レアよりは日が通っているが肉の中心部は生のミディアムレア、肉の中心部までほどよく火かろ追っているミディアム、表面も中も十分に焼けていて肉汁が少ないウェルダンから選びます。

ハワイのいろいろなグルメスタイル

ビュッフェ・・・ビュッフェは好きなものが好きなだけ食べられるのが利点です。昼食と朝食を重ねたブランチを提供するところも多くて、リーズナブルにいろいろな味をたくさん食べたい人におススメです。

 

シービューランチ・・・これぞハワイならではの贅沢です。海岸線に沿って立つレストランは海を身近に感じさせる演出が巧みです。海がひと際輝くお昼時を狙って、波の音をBGMに至福のランチを食べられます。ベストシート狙いなら予約は絶対です。

 

アメリカンサイズの肉・・・アメリカらしい豪華な料理と言えば、肉汁したたる厚切りステーキ。クラクラになるまで遊びまわった日には、たっぷりの野菜と一緒にがっつりとエネルギーチャージをしたいです。

 

とれたてシーフード・・・ハワイに来て忘れてはいけないのが、恵まれた海の幸です。グリルに、炒めものに、フリッターにと、360度海に囲まれた島だからこそ味わえる、フレッシュな魚介類を楽しみたいです。

 

ハワイのソウルフード・・・旅行の最大の楽しみの費等が、その土地ならではの食を堪能すること。ハワイに昔から伝わる伝統料理の中でも、大法的なのがこの3つ。これぞハワイのソウルフードです。

 

ロコモコは食べごたえ十分の定番ハンバーグライスです。子供に栄養のある食べ物をと、ハワイで誕生しました。ライスの上にハンバーグと目玉焼きが乗り、グレービーソースがたっぷりかかった、家庭料理の代表格です。

 

味の決め手は鮮度のハワイ版刺身はポキ。ハワイには日本と同じく生の魚を食べる習慣があります。アヒやタコなどの魚介類をぶつ切りにして、塩や醤油などで和えた遺品で、コクのあるタレが美味しいです。

 

アジア人は広めたヌードルスープのサイミン。20世紀初頭に日系人の間で進化したと言われる麺料理です。縮れ麺を使用して、海老屋昆布のダシを使ったスープはあっさり味で日本人好みです。

 

地元で人気なロコ食堂・・・ロコが普段使いしているのが、口コミでうわさが広まるような、安くておいしい食堂風の店が多いです。観光客が中心のお店に飽きてきたら、地元グルメにチャレンジして、ロコ気分の味わいたいですね。

 

本場USAのハンバーガー・・・初めて食べる時はその大きさに感動すら覚えるハワイのハンバーガー。ジューシーなビーフにも感激します。店によって個性が違うので、いろいろと試したいところです。

 

ホットドッグのB級グルメの主役です。日本と違って具のバリエーションが実に多彩でビックリします。食べやすさではハンバーガーをこえるかもしれません。

 

ロコの定番食プレートランチ・・・安くて、早くて、上手いのがプレートランチ。テイクアウトのお手軽ランチボックスです。ロコにとっては定番のランチで、旅行者にとってはお金と時間がないときにとても重宝します。種類が豊富でおいしいから病みつきになりますよね。

 

エスニック料理・・・旅行も中盤になると、アメリカの大陸的な料理にもあきてきます。別な刺激的な味が欲しい時は、エスニック料理に限ります。スパイシーでホットな料理を食べて、マンネリを解消したいですね。しかもハワイのエスニックは高レベルですよ。

 

日本のラーメン・・・海外旅行中、なぜか無性にたべたくなるのがラーメン。それも中華料理の麺ではなくて、日本ならではのあのラーメンがたべたくなります。でもハワイでも本格ラーメンが食べられます。王道のラーメンからつけ麺、ユニーク系までいろいろ揃うので、あの味が懐かしくなったら行ってみたいです。

 

愛しの和食処・・・旅行も終盤になると、だんだん欧米の料理に飽きてきて、日本のしょうゆ味が恋しくなります。油っこい洋食で疲れた胃には和食はぴったりです。新鮮な魚介類を使った是ピンお寿司から懐かしの天ぷらまで、おいしい和食処が目白押しです。

 

贅沢ディナー・・・旅行の最後には気合を入れて贅沢ディナーを楽しみたいです。ハワイ最後の夜にふさわしいのが、なんと言ってもレストラン受賞経験のあるお店です。最上級の味とサービスと雰囲気を満喫して、最高の思い出を作りたいです。

 

ビーチBar&夜景Bar・・・日が暮れるまでたっぷりと遊んだら、ロマンチックなバーで大人の時間を過ごしてみたいです。耳に届く波音は天然のBGMです。眼下に広がるビル群の夜景は最高のスパイスになります。

おすすめグルメリンク

かに通販おすすめチェック.biz・・・かに通販おすすめサイトに変化あり!?かにが品薄の今年注目されているのは花咲ガニ!花咲ガニを通販するのにおススメなのはこのサイトです。
かに通販北海道チェック.biz・・・かにと言えば北海道ですから、かに通販をするなら北海道のお店をチェックしたいですね。今まで蟹通販してみて失敗のなかったおススメ優良店を選びました♪迷ったらこの店を見てみてください。
かに通販訳ありチェック.biz・・・かにを通販するときには訳あり商品を狙って激安価格で蟹を通販しています。自宅用だったら訳ありでも十分カニを堪能することができますからね。一度訳ありかにをチェックしてみてくださいね。
かに通販激安チェック.biz・・・激安のかにを通販するために我が家では訳ありかにをときどきチェックしています。お得な価格で本場のかにを通販したいなら訳ありカニがおススメです。
かに通販お取り寄せbiz.biz・・・かにを食べるなら値段も安く、鮮度も高い蟹産地直送の通販お取り寄せがおススメです。失敗しないためには毎年人気のカニ専門店を利用したいですね♪
かに通販産地直送.biz・・・かに通販は産地直送がいいですね。北海道旅行で味わったあのかにを通販したいので、我が家ではこの店から通販しています。自宅用、贈答用、冬の味覚の蟹はここがおススメです。
おせち料理2014人気.biz・・・自分で作るおせち料理もイイですけど、年末年始にゆっくりしたい人は通販でお取り寄せをするのが便利ですよ。2014年人気のおせち料理はこちらです。
おせち料理通販予約早割.biz・・・おせち料理を通販するなら早めに予約をするとお得になる早割がオススメですよ。おせち料理は数量限定のものも多いので、売り切れてしまうこともありますからね。おせち料理の通販は早めに予約して早割を活用しましょう!
http://www.love-for-ever.com/・・・おせち料理を通販お取り寄せする人が増えてきています。いろいろなお節料理の種類がありますが、早めに予約をしないと受付が終わってしまうので要注意です。失敗しないために人気のサイトをチェックしましょう。
http://www.outhouseseo.com/・・・もつ鍋を通販してお取り寄せしています。本場博多で食べたもつ鍋の味が忘れられなくて・・・自宅であの味が再現されるとは嬉しいですね。
もつ鍋通販.com・・・もつ鍋通販をするなら本場博多の味がいいですね。最近人気のおススメのもつ鍋はこちらで紹介しています。失敗しないためには、ちょっと多めに通販お取り寄せするのがポイントです。
http://www.sumiyakiya.jp/・・・かに(蟹・カニ)の贈り物・お歳暮・ギフトはこのお店が良かったよ!自宅用と違って、贈り物選びは見た目、品質が大事。安心できる実績のあるお店を選びたいですね。